02 3月高速バスの旅でのサービスエリアの楽しみ

ひとむかし前までは高速道路のサービスエリアとかパーキングエリアは画一的で食べ物もおいしいものがなかったので、トイレ休憩で立ち寄っても面白いと思うことなどは殆どなかったのですが、ここ数年はどこのサービスエリアもかなりレベルが高くなり、そこにしかないような特産品や食べ物を販売するところが増えています。当然高速バスは長い道のりですと2箇所や3箇所程度のサービスエリアにはトイレ休憩を含めて立ち寄ることになります。


残念ながら停車時間は通常10分とか15分程度ですが、あらかじめ停車するところを調べておくととても楽しい経験をすることができます。もちろんレストランなどでゆっくり食事をすることなどはできませんが、そのサービスエリアでしか味わえない特産品やバスに持ち込めるような食べ物、お土産などは非常にバリエーションが増えており、しかもかなりクオリティの高いものが増えているため購入して帰るのはとてもお得です。特にその地域ならではの特産品には評判のいいものが多いのが魅力です。さらに取れたての野菜や果物なども登場するため、お買い物コーナーは見逃せません。また地域の食材で調理したたてんぷらや揚げ物、焼きそばなどB級グルメなども多数登場するため楽しさは倍増します。


最近のサービスエリアでは入浴ができるところなども登場していますし、なんと仮眠が出来る施設もあるのです。当然、本格的なレストランが設置されて、特産品をその場でたべさせてくれるようなところも多くなっています。先を急がない高速バスの旅なのでしたら何本か乗車するバスを遅らせて、そうした施設を利用するといった裏技もあるかもしれません。とにもかくにも、サービスエリアで受けられるサービスは近年大きく変化しています。事前にルート上で立ち寄るサービスエリアを調べておくと、きっと思い出に残るような旅ができるのではないでしょうか。こうした楽しみ方は昼間に乗車する高速バスならではのものです。じっくり研究して利用すれば、電車の旅とはまたまったく違う経験をすることが出来そうです。ちなみに降りてしまうと前途無効のバスもありますが、あとの便にのれる高速バスもあるようです。このあたりも乗車チケットを購入される前によくチェックされておくとさらにお得な使い方ができそうです。電車に比べて運賃もお得な高速バスの旅ですからもっとお得になるように使いこなしてみてはいかがでしょうか。